設問

教えて達人 - ネットde事例検討

設問

設問
投稿する検索
2 IE11
2017/08/08 11:57
やはり、なぜ必要なのか、というのを先生方に根拠を示しながら提案していくしかないのではないのでは?と思います。
すでに保健の時間や担任による長期休業前の指導をしているとのことですから、それらがとても充実したものならば、もしかしたら『薬物乱用防止講座』としてやることは必要ないことなのかもしれません。そこで、なぜほかの時間を削ってまで行う必要があるのか、再考する必要があるような気がしますが、いかがでしょうか。何かをしようとするときは、養護教諭の独りよがりにならないようにまずは気を付けなくてはいけないと思います。周りの学校でやっているから。それだけでは先生方を説得することは難しいと思います。しかし、今回の件では、怪しい人に声をかけられた生徒がいる、とのことですからその辺のことを問題視している旨、高校生の薬物乱用の状況や生徒の意識などのデータがあれば資料として提示しながら、先生方に薬物乱用防止教室の必要性を提案するとよいと思います。
50歳代/静岡/元養護教諭
+1
1 Safari
2017/08/02 08:58
私は小学校に勤務しています。私の市の教育委員会では、薬物乱用防止教育を年1回やることと決まれられています。薬物乱用教室をやらないという選択肢はありません。ですので、トップダウンで「やらなければならない」ということに状況にしてもらう方が早道かもしれません。しかし、そのためには、市内の養護教諭部が養護教諭部全体の意見として薬物乱用防止教育が必要だということを教育委員会に陳情するということも必要なのかもしれません。

学校内で必要性を説いても、他にやることがいっぱいあってと言われるのは私も経験があります。それでも必要性を説いていくしかないのですが、、、。

40歳代/静岡/養護教諭
+2
前へ次へ