設問

教えて達人 - ネットde事例検討

設問

設問
投稿する検索
4 IE11
2018/09/12 19:52
 乳がんの教員には「誰か、話せる教員には伝えた方が良い」とアドバイスし、それでも本人が「他の人には知られたくない、治療を継続しながら勤務したい」とこだわりや頑固さがあるのなら、無理に抵抗せず、もし、「他の教員から心ないこと言われ困ってる…」など、悩んでいる様子であれば、相談機関を紹介してはどうでしょうか。、
 例えば、東京都では、都の職員を対象にした「こころとカラダのすこやか相談」があり、教員なら公立学校共済組合員を対象にした「メンタルヘルス相談窓口」があります。他の地域でも同様な相談機関はあるはずです。
 あなたが、生徒や保護者対応のストレスでいっぱいだとおしゃっているとおり、あなたがこれ以上ストレスを感じ、主体的に悩み苦しむことはないと思います。専門家に任せて良いと思います。
50歳代/東京/養護教諭
+0
3 IE11
2018/09/12 19:37
今晩のニュースで、近い将来定年は70歳になると言っていました。そうなれば病気を抱えながら勤務をする教員も増えるのは、当然。昔は「がん=死」だったのが、長く付き合う病気に変わりつつあります。他にも、介護や育児などの休暇の在り方自体が時代の変化と共に変えて行く必要性もあるかもしれません。次いで「ワークライフバランス」の大切さも言われています。休む教員に対して、とやかく言うのは時代錯誤だと、私は思います。
 しかし、残された教員に過度な負担が課されるのは避けなければいけません。
 学習指導要領が改訂され、中学校及び高等学校においても「がん教育」を取り扱うことが明記されました。それを話のきっかけにし、「生徒に教えるからには教員が理解していなければいけませんよね〜」と、養護教諭として、この件を管理職に意見してみてはどうでしょうか?
 管理職に学校全体の仕事量の見直しと、効率化を図るように促し、休む教員が不快な思いをしながら休まなくて済むように、休む教員ヘ「他の教員に仕事を丁寧にお願いして退勤する」などの指導をしてもらい、それを常日頃フォロー・サポートしている教員には、感謝やねぎらいの言葉をかけるなどの役目を司って欲しいとお願いしてみてはどうでしょうか?管理職に意見しづらかったら、先輩の教員と一緒にお願いに行ってみるなど、工夫しては、どうでしょうか?
 成熟した社会は「自分を大切し、他者も大切にできる社会」です。私たちが、これからどんな社会を展望するのか、考える時期かもしれませんね。
40歳代/宮城/養護教諭
+0
2 IE11
2018/09/10 20:02
私も小規模の高等学校に勤務する養護教諭です。30代後半の女性教諭が「どうしても子どもが欲しい!」と不妊治療を始めたため、時々早退します。副作用で「気持ち悪い」と言って保健室に横になりに来ることもあります。年配の女性教諭から「子どもを産まなくてもいいじゃない、自然に任せて、治療なんて必要ない。ただでさえ人が足りないのに休まれるとこっちが困るわ。私なんていくら自分が体調が悪くても仕事は休まなかったわ!」」「あなたもね、簡単に保健室で休ませないでよ!」と言われました。
 私は問題点が2つあると思っていて、1つは職場内に気軽に休める休憩室があるべき(例えば、かなりリラックスできる休憩室があるGoogle社は言っています。写真の生産性を向上させる唯一の方法は、カリスマリーダーがいることでも、優秀なメンバーがいることでもなく『他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感』といったメンタル要素が大きい要因になる)であって、養護教諭の職場である保健室を職員の休養場所と同一化しない方が良いと考えます。
 2つ目は、女性特有の病気である「不妊」も「乳がん」も「子宮がん」等も、デリケートで周囲に知られたくないのは当然のことです。管理職の承認で十分です。むしろ、管理職が周囲の教員に「彼女は治療療養のために休むことがあるかもしれない。そのことで何か不都合があれば私に言ってください」と盾になることです。「あの人だけズルい」とか槍玉にあげる声があるのなら、その声の主が、今に不満を持ち、不公平感を抱き、人に優しくなれずにいるのだと思います。
 相談者さんがおひとりで対応するのは難しいと思いますので、「1人休むと大変だ!」という職場の雰囲気ではなく、「自分も、いつか親の介護等で休むかもしれない。お互い様」という雰囲気になるように管理職や産業医さんに提案してみてはかがでしょうか。
40歳代/秋田/養護教諭
+0
1 Safari
2018/09/10 18:41
両者の間に挟まって苦しいですね。
乳がんであることは個人情報ですから、言えないと思います。でも、他の方が乳がんの方のことを知らずに、サボっているように考えているのであれば、乳がんの方に、乳がんとは言わないまでも体調が悪いと他の先生方に行ったほうが、理解が得られると伝えてみてはいかがでしょうか。ギスギスしてくるとお互い様、と言い合える状況にならなくなってきますから。

40歳代/静岡/養護教諭
+0
前へ次へ