設問

教えて達人 - ネットde事例検討

設問

設問
投稿する検索
4 Chrome
2020/02/10 12:24
特別支援学校の養護教諭です。
そういう教員、どこにでも居るんですね。その人自身が予防接種不要という考えを持つことは否定しませんが、学校という場で生徒とかかわる仕事をしている以上、予防接種はすべきだと思います。私は特別支援学校で勤務していますので、児童生徒は様々な疾患や障害を持ち、中には感染症にかかると命取りなので、学部内にインフルエンザ罹患者(児童生徒でも教員でも)が出たら、しばらく欠席する子もいます。教員は、自分がインフルエンザにかかりそんな児童生徒にうつしたら大変だからと、予防接種はもちろん、予防に非常に気を使っています。これまで一度もかかったことがなくても今年初めてかかる可能性だってあるんです。教職員向け保健だよりを配付するとか、職員朝礼で啓発するとか、養護教諭という立場から予防接種を勧めてみてはいかがでしょうか。
40歳代/石川/養護教諭
+1
3 iPhone
2020/02/05 19:10
わたしは、中学校の教員です。入試もあるので、生徒にインフルエンザを移す訳にはいかないと考えてきました。もちろん、毎年予防接種をしてきました。やるだけのことをしなければ、生徒に申し訳がたたないと思っています。前任の養護教諭は、接種を勧めてくれましたが、現在の養護教諭は、ベテランですが自分が接種しなくてもインフルエンザにかからなかったことを自慢げに、むしろ、接種に否定的な発言をします。養護教諭の部会などで、統一した見解をなぜもてないのでしょう。教員に予防接種の補助金もでているのに、このような養護教諭が保健指導をするのかと、残念・無念でなりません。生徒も不幸だと思っています。
50歳代/静岡/教諭
+0
2 Safari
2020/02/05 11:56
私も同じような経験があります。確かに生まれてから一度もインフルエンザに罹ったことがない人もいると思います。それを根拠に、自分の主張を他の人に勧めることに、本当に困っています。もちろん、子供に接する機会の少ない教職員という立場でなければ、予防接種を打たないという考えもあるかもしれません。でも私たちは、子供に移してしまう機会が多いわけですから、うつさないという職業上のマナーの点で、予防接種をするということは大事だと思います。
不要だという人の信念だとすると、信念を変えることはできないので、あまり相手にせず、逆に、わかってもらえる人には、根拠を示して説明するのが得策だと思います。
また、教職員は忙しくて、予防接種をうちに行きたくても病院が開いている時間にいけないというのもあります。ですから、予防接種に行ける時間を作れるよう、ノー残業デー=予防接種デーとするような働きかけもしたことがあります。
40歳代/静岡/養護教諭
+1
1 IE11
2020/02/04 18:41
すごくわかります。以前似たようなことがありました。それは学校という場ではなかったものの、高齢者が集まる場で指導的立場にある方の発言でしたので、とても不安な気持ちになったのを今でも忘れません。予防接種してもうつることはあるでしょう。ではなぜ予防接種をするのか、そこをその場で私はその指導的立場の方にうまく伝えることができなかったので、今でも思い出してしまうことがあるのです。そうでなくても、高齢者や子どもと多く触れる機会がある立場ならば、まずは自分がインフルエンザ予防をしなくてはならないですよね。その方の机にそっと資料を置いておくなどいかがでしょう。もしくは、職員用保健便りと称したインフルエンザや予防接種に関する情報を掲載した便りを全職員に配付するなど。予防接種の是非は確かにいろんな考えをお持ちの方がいるので、噂や声の大きい人の流れにならないように、正しい情報を淡々と伝えるのが良いのではないかな、と思います。
40歳代/熊本/養護教諭
+2
前へ次へ