設問

教えて達人 - ネットde事例検討

設問

設問
投稿する検索
2 Chrome
2022/11/27 12:37
外国人の保護者は年々増えているように思います。母国によっては、コミュニティが形成されていて保護者間の互助機能があったりするのですが、中には孤立してしまっている保護者もいます。ただでさえ、日本語の理解ができない方は、子育てや学校関係の情報が少なくなりがちです。私は外国語は苦手ではありますが、できるだけ、外国人の保護者の方には積極的に声をかけるようにしています。翻訳ソフトやボディランゲージでも、気持ちは通じるというか・・・。普段から良い関係を構築していこうとすることがまずは大事なのかな、と思っています。関係ができれば、学校や養護教諭の対応も信頼してもらえるようになると思います。
40歳代/茨城/養護教諭
+2
1 Safari
2022/11/23 21:04
私の学校にも外国をルーツにもつ生徒がいます。全く日本語ができない保護者、本人という場合もありますし、本人は、日本生まれで日本語ができるけれど、保護者は、日本語が片言である場合もあります。
私は、翻訳ソフトを使ってやり取りすることがあります。
口頭で説明する場合は、校内の語学ができる人に依頼する場合もあります。英語が通うじる場合はいいのですが、他の言語の場合は、翻訳ソフトが頼みの綱です。また、教育委員会にその保護者の言語に合わせた人材を派遣する支援がありますが、怪我などの緊急の場合は派遣が間に合わないので(多くは事前の依頼が必要)、できる範囲で伝えると言っても、怪我をした子どもに親に伝えてもらうとい言うことが多いです。

50歳代/静岡/養護教諭
+2
前へ次へ