1000レスstory
投稿する検索
4さりな F-01F
2016/02/14 21:47
>>3

「どしたんかな?」

なんか、おじいちゃんらしき人が話しかけてきたんですけどーっ!

「あ……ちょい休憩ですよ」

「そこ…すまんな。順番待ちのベンチなんよ…」

えええっ……!!

「やけん…そこ退いてくれたら」

なんっ?

なぜに…?

「はぁ……すいません」

おじいちゃんが言うから仕方なく、去っていった。

なぜゆえに……がっかり。
編集削除コピー
3さりな F-01F
2016/02/14 21:43
>>2

さりなは、商店街を歩いていた。

お笑い芸人としてやっているが、スランプ中にて、冒険をすることにした。

冒険は自称、だが。

さりなはブティック屋の前のベンチに腰をかけた。 

「足腰持たぬですよ!ふはは!」

……それにしても

ハリセン置いてきてしまったな。

ハリセンは唯一の武器だっちゅうのにぃ!

その時、ブティック屋のドアが勢いよく開いた。


編集削除コピー
2さりな F-01F
2016/02/14 21:39
チリチリン…

携帯が鳴った。

「誰かしら?」

ゆみからのメールだった。

さりなへ

ゆみ、今ラーメン食べてるの笑

さりな座長の弟子なのにごめんね

           ゆみより

心からふざけんなぁあ!と思いつつ携帯を
閉じる。
編集削除コピー
1さりな F-01F
2016/02/07 19:19
ハジマリマスヨ

一人リレー小説が。
編集削除コピー
前へ次へ